第3章ボーダー

土物で素材感のあるボーダーのタイルです。
パターン貼りで使用すると、より一層建物の良さが引き立ちます。
第3章ボーダー1
表面はフラットではなく凹凸をつけて陰影を出し、素材感を引き立たせています。
第3章ボーダー2
パターン貼りの配色を間違えないように加工し、カートンの入れ方も方向を揃えて出荷しました。
第3章ボーダー3
色違いやロット違いによる寸法誤差が出ないように生産しました。

第3章ボーダー

アースカラー系の色で落ち着いた素材感のあるボーダータイルです。
他ではあまり見ない珍しい貼り方です。
第3章ボーダー3
パターン貼りに高度な技術を要しました。目地巾が3mmしかなく精度の高い加工が求められました。
第3章ボーダー2
1シートあたりのタイル重量や施工性、価格も考慮し加工しました。
第3章ボーダー3
パターンの配色を間違えないように注意深く作業しました。

炻器質 無釉 大型陶板

当社の特徴のひとつである、還元焼成による鉄色のタイルです。
創業当時より生産を続けており、日本人には親しみのある色合いです。
炻器質無釉大型陶板1
色むらをなるべく小さくしたいとの要望が受け、濃色・淡色と2色の原料で作り、濃色原料は淡く、淡色原料は濃い目の焼成をしてミックスしました。
炻器質無釉大型陶板2
出荷も複数回に分けて出荷。ミックス梱包に気を使って偏った色調での出荷がないように配慮しました。
炻器質無釉大型陶板3

第3章ボーダー

最も人気のある、土物ボーダータイルです。
ライトアップで落ち着いた表情を見せ、高級な雰囲気を演出します。
第3章ボーダー1
当社特有の色むら、色幅があり、とても落ち着いたタイルです。
第3章ボーダー2
形状に凹凸をつけて光の当たり方によっては陰影ができ、立体感が大きくなります。
第3章ボーダー3
焼き物らしい色むら、色幅があります。

有孔ブロック

外側から見ると300角サイズ、内側から見ると200角サイズに見えます。
重厚な雰囲気を醸し出す、当社特有の還元焼成による黒色です。
有孔ブロック1
大型の有孔ブロックをPC(プレキャスト)工法での施工のため、寸法誤差を小さくし、歪みや反りを少なくすることに高度な技術精度を求められました。
有孔ブロック2
PC工法に合わせるため、製作の型がとても複雑な形状になり、高度な技術を求められました。
有孔ブロック3

装飾用無釉テラコッタ

復元に近い改築工事で、建設当時のテラコッタの色・形を徹底的に追求しました。
20種類以上のパーツを組み合わせて作成、日本では作成の機会が少なくなりました。
装飾用無釉テラコッタ
既存の建物は手作りに近い形で作られたため型製作を手作りに近い形にしました。ただし、建築基準は現代の制度のため現代風にアレンジして作りました。
装飾用無釉テラコッタ2
役物やR壁も一体型で製作。型製作だけでも半年かかり生産納期で8ヶ月ほどかかりました。
装飾用無釉テラコッタ3
焼成後にエイジング処理をし既存のレンガとマッチするように加工しました。
1 / 3123